『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke02


(前回(3)はこちら)

2011年10月に九代目 雷門助六に入門しました。

●見習いの初仕事は大掃除
いま芸協には「三か月ルール」があって、事務局に履歴書を納めてから楽屋入りまでは三か月かかるんです。
というのは、昔は「楽屋で覚えろ」と全く何もできない人を楽屋入りさせることがあって、そんなことしたら、てんやわんやになっちゃうから、まず最低三か月間かけて、着物の畳み方や太鼓なんかをある程度できるようになってから楽屋入り、という意味ですね。

僕の入門当時にはそのルールはなかったのですが、師匠は「ある程度、太鼓や噺などを覚えてから楽屋入りしたほうがいい」という方針でした。あと、すぐに弟子入りするといきなり正月になって、いきなりお年玉をもらうことになる、それはよくない。ということで楽屋入りは翌2012年の1月下席で、それまでは「見習い」です。

当日は蒲田にいた姉の家に、申し訳程度の家賃を入れて置いてもらい、毎日のように練馬の師匠宅に通いました。

最初の仕事は大掃除です。
僕が入門したことで、なんか師匠のスイッチが入ったみたいで、家の中ひっくり返すくらいの大掃除。本棚をつぶして新しいのを買ってきたり。

よくある見習い修行のための掃除じゃなくて、師匠もがんがん働く「本気の大掃除」でした。
で、ちょっと掃除が捗ったら「じゃ、太鼓教えてやるか」と師匠から直接太鼓を教えていただきました。一番太鼓・二番太鼓・仲入り・追い出しですね。うちの師匠くらいのキャリアで弟子に太鼓の稽古つける人はいないんじゃないでしょうか。ふつうは他の弟子に「教えておけ」となるでしょう。思い出しながら教えてくれましたよ。

楽屋入りして月末の「前座会」で、みんなで太鼓の稽古をするときに「なんか違うなあ」と言われまして。師匠が教えてくれた太鼓が、ちょっと古風だったそうです。でもそれが師匠から習った叩き方ですから、みんなで叩くときと、一人で叩くときに変えたりして。太鼓は難しいですけど、覚えていくのは楽しかったです。

噺も掃除の合間に教わりました。最初は『寿限無』次に『転失気』そのあとは『たらちね』。稽古つけていただいたのは兄弟子の雷門小助六兄さん。教わって、覚えたら、こんどは師匠に見ていただいて。この三つは見習いのうちに上げていただきました。


●「音助」誕生
名前をいただいたときは、凄く嬉しかったですねえ。これもちょっといろいろありまして。

師匠は最初、「助三郎」というのを考えていたんです。六代目・雷門助六にはお弟子さん多くて、名前がいっぱいあった。「助三郎」もそのうちの一つなんです。

最初、自分で考えろと言われまして翌日「考えたか」「思いつきません」「じゃ助三郎はどうだ」。いや、いま考えるといい名前なんですけど、そのときは「なんかすごい名前だなあ」ちょっと重いというか、歌舞伎役者っぽいというか、完成した感じがしちゃって。つい、軽く拒否してしまい(笑)嫌だとは言ってないですよ。「ちょっと……」とか。
二ツ目昇進のときに変える人が多いので、ほんとは前座の名前なんてどうでもいいんですけど、あとで変えられるなんて思ってなかったんですね。

で、もうちょっと考えようということになって、兄さん(雷門小助六師匠)がいらしたときに三人で相談して、兄さんが六代目の弟子の名前を紙に書いて、色々出してくれて。

「昇六」うーん柳昇一門っぽい。「雷好」春雨や一門っぽい。とかとか。

「おこし」という名前は、六代目助六の弟子である先代(四代目)三遊亭円遊(※)が二ツ目のときにつけていた名前で、僕は好きだったんですけど、師匠の娘さんが「"雷門おこし"はかわいそうだよ」って。確かにいわれを知らない人から見ると、確かに。

結局、先代円遊師匠が「おこし」の前、前座のときに名乗っていた「音助」に決まりました。嬉しかったです。入門して一か月くらい経ったときでしたね。

(※四代目 三遊亭円遊 雷門音助→二つ目昇進して雷門おこし→真打昇進して都家歌六、のちに三遊亭円遊を襲名)

家をひっくり返すような大掃除から、今度は年末の大掃除があって。
大みそかにみんなで年越しそば食べて、紅白じゃなくてテレビ東京のずーっと演歌が流れる歌番組を見て。「ずーっと演歌だなあ」って(笑)

いちど自分の家に戻って、次の日、元旦の朝に改めて師匠宅へ行って「おめでとうございます」。
おせちとお雑煮をいただいてから、師匠は寄席に行きます。僕はかばん持ちとしてついて行きました。池袋から新宿の掛け持ちです。
楽屋には入りませんでした。楽屋で立たせて仕事を見学させる方もいるんですが、うちの師匠は入れない方針だったみたいです。


※雷門音助さんの出演情報はこちらからどうぞ

◆第4回 落語作家井上のかたち 寸志・音助 新作ふたりづれ

6月 22日 (土曜日)開場:18時半 開演:19時 


出演:立川寸志「正体見たり(井上新五郎正隆原作)」他一席

  ・雷門音助「長屋のお練り(井上新五郎正隆原作)」他一席

料金:予約2500円 当日2800円

ご予約はらくごカフェまでお願いいたします。

rakugocafe@hotmail.co.jp 電話:03-6268-9818(平日12時~18時)

※定員50名