『シェアする落語 第21回 柳家わさび』を開催するにあたり、わさびさんにインタビューさせていただきました。一部は今回ご予約頂きましたお客様にご予約特典としてメール配信させていただいています。

インタビューは2018年3月28日 独演会『第108回 月刊少年ワサビ』終演後に行いました。文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

柳家わさび(本名:宮崎晋永)
1980年8月24日生まれ
2003年11月 柳家さん生に入門 前座名「生ねん」
2008年3月 二ツ目昇進 「わさび」と改名

IMG_8718

撮影 : 常山剛


 日大芸術学部の落語研究会ご出身なんですよね

わさび : 漫画家になりたかったんですね。高校も美術コースに進んで、絵をよく描いていました。
で、美大に行こうということになって、あちこち受けて日芸に入りました。
もともと爆笑問題が好きだったので日芸でよかったなと。

お笑いは好きだったんです。爆笑問題・ダウンタウン・ネプチューンの深夜番組を全部ビデオに録画して、0.3mmのペンでビデオのシールにびっしりとメモするんですよ。何時何分からネプチューンとか。
あと『ミスター・ビーン』のローワン・アトキンソンが好きでしたね。

落語は全く知らなかったんです。たまに「落語とか聴いてみようかな」とは思ったんですが、レコード屋に行くと落語のCDは演歌のコーナーに置いてあって、なんか「ジャンルとして固定化して終わっている、自分とは縁がないもの」と思ってました。多分その時に柳家喬太郎師匠とか知っていればイメージは変わったんでしょうけどね。

大学に入ったら、新入生歓迎のサークル勧誘で、プロレスラーの格好で漫談やってる人がいて、それが落語研究会の川上先輩、今の春風亭一之輔師匠ですよ。

これはあとの話ですが、川上先輩は文化祭のときなんかに「ハンガー掛けの助」として、やっぱりレスラー姿で、
「ハンガーハンガー ははんがハンガー、ハンガーかけりゃなにかける」って謎掛けやるんです。

そのあとあたしが「落武者」ってのやったんですよ。「謎掛けやるから許してください」できないと切腹する。波田陽区みたいなネタです。

それを当時落研の顧問だった古今亭右朝師匠が褒めてくだすって。
落武者の形でうわーって高座上がったら「なんか彼は颯爽と上がっていったね」。いい思い出ですね。

新歓に話を戻しますと、川上さんとOさんという先輩に飲みに連れて行かれたんですね。鬼無里って居酒屋でした。

山手線ゲームって言うんですか、パンパン手を叩いてからお題に沿ったワードを言うあれで「自分がエロいと思うキーワードを言おう」ってのをやって、あたしは思いっきり「(パンパン)〇〇〇〇〇!」って(笑)

そしたら先輩二人から「偉い!お前は偉い!」(笑)
部員が少なかったので、僕をおだてて入部させたかったのかもしれませんけどね。

翌日は「5W1H」という「いつ・どこで・誰が」みたいなのを別々のカードに各自書いてシャッフルして並べて、脈絡ない噺ができたところで川上先輩が適当にアドリブで噺を作るんですよ。それがもう腹の底から面白くて。
三題噺の原点?あははは。

そんなことしていたら「ここは自分の居場所だな」って思えるようになってきたんですね。「居場所」です。

 で、落語研究会に入部されて、自分でも落語をやるように。

わさび : 川上先輩こと一之輔兄さんに、立川志の輔師匠の『茶の湯』のCDを借りて聴いたら面白くて。それでもまだのめり込んではいなかったんです。まだ自分には「遠いな」って。志の輔師が新しいことやっていて面白かったんですけどね。

で、覚えて自分でもやってみたら、志の輔師匠のやり方だから受けるんですよね。

そのあと、今度は自分で三遊亭圓生師匠のビデオを買ったんです。
VHSですよ。
中野のサンモールの二階の演歌専門のレコード屋があって、そこの親方が落語も好きで、落語のソフトも置いてあったんですね。
このビデオを観た時ですね。「落語って奥が深いんだな」と思ったのは。『一人酒盛り』でウイッとやってる圓生師匠の顔がすごく気にいって、のちに卒業制作で100号の油絵に描いたくらいです。今度(立川)志らく師匠・一之輔師匠との会(『おしゃべりな日芸』)に持ってきてくれって。

 生でも落語を聴くようになったんですか

わさび : 川上先輩こと一之輔兄に寄席に連れて行ってもらいましたよ。新宿末廣亭・落語協会の芝居が多かったかな。夜席だけ聴いて帰ってきて、一之輔兄は爪を噛みながら……当時の癖ですね……「何が
面白かった?」「あの人ですねえ」「ああそう」一之輔兄は「一般の人にはああいうのが受けるのかな」と聴いてたんじゃないかと思うんですよ。
あたしも当時はマニアックじゃない人を面白いと思ってましたし。
そんな思い出がありましたね。

寄席の思い出と言うともう一つ、大学3年か4年生のとき、失恋しまして。
で、ひとりで末廣亭に行ったんですけど一切笑わなかったことがあるんですよ。もうふてくされて観てたら、大空遊平・かおり先生がこっちをにらみながら漫才をしてました(笑)

そのあとに、これはあたしの勝手な思い込みかもしれないんですけど、楽屋から橘家円蔵師匠の声が聞こえたんですよ。
「なに、笑わない奴がいる?任せろ!」って。
で、円蔵師匠が「よいしょーっ」って出てきたんですけど、結局あたしがまったく笑わなかった。降りてきた円蔵師匠がまた楽屋で「ダメだったよ~」って言っていたような(笑)そんな思い出がありますね。

 面白すぎる(笑)でも、失恋して逃げ込める場所が寄席だったんですね。シェルターみたいな。

わさび : あ!そうですね。それ本当ですね。

そうやって落語が好きになったんですけど、一番根底にあったのは、やっぱり「ここ(落研)が自分の居場所だ」という感じでしたねえ。

(02につづく)