『シェアする落語 第21回 柳家わさび』を開催するにあたり、わさびさんにインタビューさせていただきました。一部は今回ご予約頂きましたお客様にご予約特典としてメール配信させていただいています。

インタビューは2018年3月28日 独演会『第108回 月刊少年ワサビ』終演後に行いました。文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

柳家わさび(本名:宮崎晋永)
1980年8月24日生まれ
2003年11月 柳家さん生に入門 前座名「生ねん」
2008年3月 二ツ目昇進 「わさび」と改名

IMG_8649
撮影 : 常山剛

(01の続き)
 でもその頃はまだ「落語が好きな人」ですよね。聴くのが好きで、落研で自分でもやる人。そこからどうやって入門を決意するまでになるのでしょうか。

わさび : 学生の頃は、とにかく自分で演るのが好きだったんですね。落語に関する知識は全くなかった。今でも詳しい素人の方に比べたら詳しくはないですよ。
胸張って言うことじゃないけど、まああえてそういう体でいないとやっていけないというのもあって。

実は、今改めて考えますと、ものすごく軽はずみに師匠の門を叩いたような気がします。
落研の顧問だった古今亭右朝師匠が亡くなられた頃だと思いますが、落研の繋がりでOBとの飲み会がありまして、のちに入門する師匠・柳家さん生と出会ったんです。
当時の落語界の内幕の話をされたりしているところが、なんかカッコよく聴こえたのを覚えています。その頃、なんとなく噺家になろうかなあとは思っていたんです。

改めていろんな落語家を聴こうと思って、寄席に通い詰めました。このときはわりと芸協さんが多かったんです。
やる気がある客だったんで一番前で聴いていたら、桂右團治師匠が高座から「おいで」って言われたんですよね。なんか良く分からないけど「おいで」。まくらだったんですけど。

あと越後屋寄席って王子の蕎麦屋さんの会に行ったら、柳家甚語楼師匠に「寄席面白いぜ」って言われたんです。あたしを見ながら。それで、なんか「(落語の世界に)入れってことなのかな」と勝手に思っちゃったんですね。

いろんな師匠の落語を聴いたんですけど、弟子入りは結局どこへ行っても同じだなって思えたんです。どうせ入らないと分からないんだし……確かに当時は内弟子のことも知りませんでしたし。それに噺の技術なんかは自分の師匠じゃなくても教わることができるんだし。

だったらちゃんと育ててくれる師匠がいい。

柳家さん生師匠なら他に弟子もいないし、あたしのことを育ててくれそうな気がしたんです。
もちろん師匠の落語も大好きでした。
よく「なぜさん生師匠のところに行こうと思ったの?」なんて聞かれますが、「師匠の【人間】に惚れた。」と答えてます。それがすべてです。

しばらく師匠の会に何度も顔を出して、「あの子また来ているわよ」なんて言われたりして。2003年4月のある日、鈴本の前で楽屋から出てくる師匠にお声をかけました。

「師匠、お話が」
師匠は「よーせよ」って。

「あの、弟子入りしたいと」
「だーれに。まあ、とりあえず喫茶店行こうか」

で、もうつぶれた上野の純喫茶で、二人きりでお話させていただきました。
「で、誰の弟子になりたいの」って言われて。

実はまだ100%自分の考えをまとめ切れてなかったんです。でも聞かれたそのとき、即座に「師匠です」と口に出した。この瞬間に初めて100%になったんです。

師匠は「よせよ」って。

「そこを何とか」と、もう土下座する勢いでお願いしたら、

「じゃあ、本当に入りたいと思ってるんだったら、半年後に引っ越しをするから、手伝いに来てみなさい」と言われまして。

それから半年間のうち一か月はマンガ喫茶のバイトをやって後はのほほんと過ごしました。半年後に引っ越しの手伝いしまして、それから毎日毎日通いまして、師匠は「いるね」「いるね」って。
10月に「じゃあわかったから、宮崎君、弟子にするよ」と入門を許されました。

11月から通い弟子をやってたんですけど、今まではなんとなくお客さん扱いだったのが正式に弟子になったので、小言も増えてくる。それをあたしが母親に話しちゃう。
そうするとは母親が今度は師匠に電話しちゃうんです。

これは問題だということで、ある日師匠に、エスカルゴ料理の旨い高級レストランに連れて行かれて。一対一で。

「師匠、なんですか」
「君を拉致します」って。つまり内弟子にするって事ですね。

通いはひと月で終わり、2003年12月から内弟子生活が始まりました。
……なんか、ガムシャラで何にも考えていなかったですね。入門の頃は。

(つづく)