『シェアする落語 第21回 柳家わさび』を開催するにあたり、わさびさんにインタビューさせていただきました。一部は今回ご予約頂きましたお客様にご予約特典としてメール配信させていただいています。

インタビューは2018年3月28日 独演会『第108回 月刊少年ワサビ』終演後に行いました。文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

柳家わさび(本名:宮崎晋永)
1980年8月24日生まれ
2003年11月 柳家さん生に入門 前座名「生ねん」(しょうねん)
2008年3月 二ツ目昇進 「わさび」と改名
IMG_8995
撮影 : 四家正紀


(04の続き)
 ところで初高座は

わさび : なんか、都心からかなり離れた、どっかの居酒屋みたいなお店でした。
百畳ぐらいありそうな二階の大広間に二、三十人集まっていただいて、うちの師匠の前方で『道灌』をやったというのが初高座だと思うんですけど、説明が面倒くさいので越後屋寄席ってことにしておけと言われてます(笑)。
そこで『道灌』やって、途中でセリフが飛びそうになりました。
大学の落研でも落語やってはいましたが「ああ、カネをもらうってこういうことなんだなあ」と思いながら、なんとか終えましたね。なんか夢みたいな記憶ですけど。師匠のお付きで行って「上がってみるか」と言われたのかなあ。鮮明には覚えていない。

 『道灌』は(師匠の)さん生師匠から教わったんですが。

わさび : はい、一番初めに三遍稽古で教わりました。

まず一回やって頂いて、師匠の部屋にあった(五代目柳家)小さん師匠の速記本もちょっと見ながら覚えて。三回目に二階の四畳半くらいの部屋で見ていただいて。落研の時は一字一句覚えるほうだったんで、「これじゃ怒られるかなあ」と思いながら喋ってたんですけど「まあ、存外よく覚えていた」って(笑)「あ、そうなんだ」と思ったんですけど。

ところが「でもなあ」って師匠が今度は私生活のダメ出しが始まったんです(笑)「この前もおかみさんのあれがこれだったろ」「買い物の時にレシートをくしゃくしゃにしちゃだめだ」とか。噺のダメ出しはほとんどなくて、私生活のダメ出しを正座でずーっと聴いていました。

 道灌の次に教わったのは。

わさび : 『二人旅』を。これも三遍稽古で。でもあたしの口調が全然江戸弁じゃなく、だめだったらしく「録音していいよ」ってことになりまして。録音を聴きながら覚えて聴いてもらったら、今度は師匠「俺の口調に似すぎる」って言われて。
真逆だ!?って思いましたね

三席目は、柳家禽太夫師匠にうちの師匠の家にお越しいただいて『たらちね』を教わりました。
後日、見ていただくために禽太夫師匠のお宅にお伺いしたんですが、ひとりで行ったので、もうめちゃくちゃ自由時間でテンション上がったのを覚えていますね。まだ監禁されていたころだったんで。

拉致監禁はひどいですけど、いまのわさびさんの落語には絶対プラスになっている気がします。

わさび : こんなこというと、ただの拗ねた人間として終わって、そのまま死んでいくのかもしれませんが……。
今の私より後輩の二ツ目さん達って前座の時にも、ある程度自分のペースで稽古できていたと思うんですよ。なかにはそうじゃないひともいますが、大多数そうだと思うんです。

でも、内弟子って「自分のペース」なんて皆無ですから。

つい拗ねてしまうのは、最初の三年六カ月間の弟子期間は、もう自分のペースが全くなくて。稽古できなかった、と思いたくもなる。よく何席も覚えたなあって話で、(芸の)クォリティもなにもないです。だから他の同期の二つ目の落語家さんの前座期間と一緒にされても、あたしとしては困るんですよ。
この期間にすごい英才教育受けている人もいるし、なにしろ自分のペースでやれてるし。

ちなみに「入門前の記憶は全部消すもんだ」って教わりまして。
落研時代の記憶は、もちろん色々と消しました(笑)。

ある時、とある師匠に「本当に記憶消したのか。親の名前は」「宮崎です」「覚えてるじゃないか!」ま、これはさすがに洒落だと思うんですけど。よく俳優さん育てるときにやる精神コントロールみたいなやりとりもありましたね(笑)。

今は入門前の記憶が残っているひと多いみたいですけどね。
そういう自分の了見が残っている人、残っていない人ってのがちょっとわかることがありますね。
今の時代は入門前の「了見が残っている」ことがいいほうに働いていることが良くあるみたいですね。お客さんにも支持されている。

でも私は自分の了見を一度捨てて、自分を殺すことをまかりなりにも覚えたつもりではいるので。それが五年後、十年後どうやって生きてくるのか楽しみですし、他の二ツ目さんと並べられても困るかなと。違うことをやっているんだと思うんです。
(二ツ目の今この段階で)クォリティ高い落語を聴きたいのなら、私の落語きかない方がいいってことなんですけどね。

今日の『月刊少年ワサビ』にも、あんなにお客さんが来るはずはない、って思ってるところがあって。
もちろん落語ブームで「ちょっと行ってみようかな」というお客さんもありがたいけど、あう、あわないっていうのがあると思うので。「聴いて嫌だったら他所行ってくださいね」って気持ちがあります。それでもし全然来なくても、それはそこからこっちが頑張らないといけないって話で。

結局、気にいっていただけない方がいるのはしょうがないし、来ていただける方々には至らないながらしっかり楽しんでいただこうと、そういう関係を大切にして、一緒に作っていけたらなと。