『シェアする落語 第21回 柳家わさび』を開催するにあたり、わさびさんにインタビューさせていただきました。一部は今回ご予約頂きましたお客様にご予約特典としてメール配信させていただいています。


インタビューは2018年3月28日 独演会『第108回 月刊少年ワサビ』終演後に行いました。文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

柳家わさび(本名:宮崎晋永)
1980年8月24日生まれ
2003年11月 柳家さん生に入門 前座名「生ねん」(しょうねん)
2008年3月 二ツ目昇進 「わさび」と改名
IMG_8656s
撮影 : 常山剛

(07の続き)
わさび : 橘家圓太郎師匠にブッキングしていた頂いた圓朝の企画がありまして(国立劇場開場50周年記念『圓朝に挑む!』2017/02)これで掘り起こしたのが『ぼたもち小僧』。
もとは『西洋の丁稚と日本の小僧』という噺で、これを改作しました。

掘り起こしは、まあ手はかかりますが、落ちがありますしキャラも決まっていますから、あとは肉付けして、三日でできるんですよ。三日でつくってあとはクォリティ上げていく。
それに比べると三題噺は大変です。
お題が全くない新作落語なら、自分の興味や知識があるところからでもいいし、自分でテーマを決めてつくりはじめることができる。
ところが三題噺は「お題のある、ゼロから作る噺」なんです。
だからまずお題に自分の体験談を絡めていかないと、ネタにできないんですよね。

今回のお題ですと「指切り」「定期健康診断」「血のり」。
まず、指切りなんてしたことないので、この前、親と焼き肉食べに行ったときに指切りしてもらいました。
それと血のりなんか使ったこともないので「出血したことならあるな」と「代体験」として考えていくしかない。定期健康診断も会社勤めたことがないから知らない。でも、ちょっと持病があって年一回は病院で検査してもらうので、その体験を思い出して、採血したなあとか。

うん、体験はいろいろしていきたいと思うんですけど。

——  「指切り」についてもかなり調べられていましたよね。𠮷原の花魁の風習とか。僕はたまたま井上ひさしの本で読んで知っていたので「おっ!」と思いました。

わさび : うーん、今回はネットで調べるのが精一杯でしたね。
調べ方にもいろいろあって、例文でどう使われているかを例文用語辞典で調べる。そうすると子供が幼いことを約束したときによく使われている例文が目につきますね。
さらにもっと突っ込めれば「指切り」に対して日本人が持つイメージまで行ければいいなあと。
Twitterを「指切り」でサーチして、みんなが会話で「指切り」をどう使っているのか、ツイート全部を一つ一つ転記していくんですよ。
そして冷静に見られる2日後に改めて目を通して「こう使われている」「ああ使われている」というのを掴む。花魁の実話よりもイメージのほうが上なんですよ。

……ここまではやりたいんですけど、今年はもう忙しすぎて、なかなか手が回らない。ひと月で創るのは、なかなか。


わさび : 三題噺を作るときは、こういうのを(綴じていない小冊子のようなもの)作るんです。まず表紙をつくって。なかには「分解」と「ストーリー」の二つに分かれています。どちらも表になっていて、マス目にいろんな要素を埋めていくようになっています。

(↑こちらのページに写真があります)

「分解」は謎掛けとかクイズ、言葉遊びを作るんですね。
まず謎掛けを作るために一つの言葉を様々な角度で分解していきます。
たとえばこれ「クモの巣分解」のチャートですね。真ん中にお題をおいて、連想で言葉のイメージを膨らませます。そこから謎掛けを作る。

あと立川談志師匠が提唱された『業の肯定』ってのがあると思うんですが、それを少し意識して"業のマス目"もつくってます。
お題を「業」の種類(情けない・勘違い・本音と建前・ネガティブ)で分解して、短文にしてマス目を埋めていくんです。「血のり」で「情けない」って何だろうって考えて、思いついた言葉を埋めていく。埋まらないときもあるんですけど。

要素が出そろったら、今度は「ストーリー」に行きます。
「分解」でみつけた要素のなかで当てはまりそうなものを「ストーリー」のマス目に短文のかたちで埋めていくと、なんとなく噺ができてくるんですよ。
「ストーリー」のマス目の並びは「噺の構造」です。これは「子ほめ」、こっは「動物園」あとこれは「味噌豆」の骨格になっています。
こっちは、実は春風亭百栄師匠の新作落語『露出さん』の骨格なんですね。

—— 『露出さん』の骨格として「救済」というマス目がありますね。なるほど。

わさび : 自分が「あ、すげえな」と思う噺とか、小説なんかがあると作りやすいんですよね。
「『露出さん』の骨格すげえ」ってなりましたし、あと星新一先生作品の骨格とか。
でも骨格を意識せずに無理からに作るというのは、それはそれで勉強になります。

星新一先生の作品の一要素「ミスリード」に、さらに仕込みが入ると、ミステリー仕立てになるんですよ。
「あの血のりは、本当は誰かの血だったんじゃないか。本物の血だったんじゃないか」「じゃあ僕らどうする」ここからネガティブな方向にもっていくとミステリーになるようなんですよね、どうやら。
ホラー映画なんかでも、ネガティブなほうで人間が走っていくとホラーになっていく。
でも落語の場合は、嘘でも最後は地口落ちなんかで落とさないといけない。
無理やり最後プラス思考で終わらせるようにします。

こういうプロセスを踏んでいくと噺が出来上がってきます。

——  こういうマトリックスが何パターンもあるんですね。

わさび : 「分解」のなかでも何パターンかありますけど、まずお題で作る「謎掛け」ができないと、どうしようもないんですよ。
さらにさっきの「業の肯定分類」とか、ほかにも「指切り」と「血のり」で何がつながるかを考えてみたり。吐血して「血のり」になって「定期健康診断」だとか。
あと、その都度変わるんですけど「血のりのプラスとマイナスを考える」血のりのプラスは「指切らなくても血判状が作れる」。指切りのプラスは「あの娘と指をつなげる」とか。こういうのをなんでもいいから考える。書いてみる。

今回は自分の中でお題に対して体験が不足していて、時間もなくて苦労しましたね。体験もしたことじゃないとネタ作れない、けど時間がないじゃあどうする。となったら、38年間生きてきた自分の中から掘り起こして、心から言えるなにかを見つけるしかない。
まったく運転したこともないのに運転手の話を作るのはちょっと無理です。

……という感じで、三題噺については自分なりの作り方ができていて、いつか本にできないかなって思ってます。でもなにしろ時間が足らなくて。もっと創作に時間をかけたいんですけどね。
(つづく)