『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
※シェアする落語 第19回 雷門音助 にて 撮影:yozora さん


(前回(6)はこちら)

■誰に何を教わるか、考えるのも修行
前座の頃にどのくらいネタを覚えるか。これは師匠によって指導方針はいろいろです。
うちの師匠は「増やせ派」。どんどん覚えろと言われました。
もうひとつ「誰から教わるか」。これも師匠によって違います。
自分で教える方と、いろんな師匠方から教わるように仕向ける方がいますね。「次は誰々のところ行って教わってこい、話付けとくから」というパターンですね。

最初「寿限無」「転失気」「たらちね」を小助六兄さんに教わって、師匠に上げていただいて、次の噺を覚えるとき、師匠には「誰に何を教わるか、自分で決めろ」って言われたんです。……でも、最初は分からないじゃないですか。誰に何を教わったらいいかなんて。
「自分で、この人にこの噺を教わりたいと思った人のところに行け」
「たとえば……?」って聞いて。
「たとえば、平治さん(現:桂文治師匠)に『子ほめ』教わるとか」

「ああ、そうですね、分かりました」って言って、平治師匠のところに行って『子ほめ』教えてもらって、上げてもらって。

また師匠に、
「平治師匠に『子ほめ』教えていただきました」
「おお、そうか」
「次どうしたらいいですかね?」
「だから、自分で考えろ。いろいろ見て、教わりたい人のところに行くんだ。」
「はっ、分かりました、……たとえば、どうしたらいいですかね?」
「たとえば、平治さんに『牛ほめ』教わるとか」
「分かりました」
って、また平治師匠のところに行って、

「『牛ほめ』お願いします」。
そしたら平治師匠「またー?ほめてばっかりだね~」(笑)
確かに『子ほめ』の後に『牛ほめ』教わりに行かないですよね。
そのときですよね。本当に自分で決めて行っていいんだなと思ったのは。

で、今度は師匠に「誰々師匠に何を教わりたいと思うんですけど」とお話しておきます。教わったあとにも報告します。僕に稽古つけてくれたある師匠に、うちの師匠が「うちの弟子が、すいませんね、ありがとうございます」って言ってるのを見て、勝手に行けとは言われたけど、どなたに教わったか、ひとつひとつ報告しなきゃ駄目だなと。

『子ほめ』『牛ほめ』の次に『雑俳』を三遊亭とん馬師匠に教わって。気がつくと師匠から教わったネタが一つもない。「師匠に教わりたいな」と思って。でも師匠の持ちネタには酒の噺が多くて、前座だと無理なんですね。
どうしようかなと思っていたら、ある日の高座で『浮世床』をかけていたので、これだ!と。お願いして教えていただきました。のちに『つる』も師匠からいただきました。

よく「捨て耳」とか言いますよね。
さっきも言いましたけど、前座仕事をしながら目で楽屋を見て、耳で高座を聴けって。最初はあんまり耳に入ってこなかった噺が、慣れてくると不思議とだんだん入ってくるようになります。またネタ帳も毎日目にします。そうやって楽屋で毎日落語に触れているうちに、1フレーズでも聴くと「この師匠からこの噺を教わりたいな」と思ったりするんです。「誰にどの噺を教わるか、自分で考える」というのも、修行の一つなんでしょうね。


■先輩のおかけでネタが増えた
二ツ目に上がるときに、持ちネタは40あるかないかでした。これ多いとは思えないんです。だってすぐ上の桂竹千代兄さんは60~70ぐらい持ってたんです。兄さんは覚えるのが好きだったんですね。もうこれはやばいぞと。前座のうちにもっと噺を覚えておけばよかったです。

ただ雷門らしい噺はいくつか持ってました。『春雨宿』とか。まあ、前座ではやらない噺ですけどね。『てれすこ』は三笑亭笑三師匠から教わっていました。『長短』は二ツ目になってからかな。

『七度狐』『時そば』『芝居の喧嘩』は、神田松之丞兄さんに言われて覚えました。
松之丞兄さんと玉川太福兄さんの会で前座に呼んでいただいて。しかも前座だけどクイツキのところで上げてくれたりしていたんです。
その代わり僕だけネタ指定というか、せっかくだから前座っぽくないのをやりましょうって言ってくれて、この会のために覚えて、ネタおろしさせて頂きました。兄さんからいい機会を頂けたんです。

ただ、松之丞兄さんから指定されてクイツキで『芝居の喧嘩』やることになっていた会で、僕の前に上る松之丞兄さんが『海賊退治』やったんですよ。ネタとしてほぼ一緒ですよ。
兄さん高座降りてきて「ごめん」って。
次が『芝居の喧嘩』だということを忘れて、ついやっちゃったのか、あえて僕にハードル作ったのか分かりませんけど。いやハードルじゃなさそうですね。普通にやっちゃったんでしょうね。

もうひとつは、(雷門)小助六兄さんと前座の時から二人会をやっていただいて。真打と前座だけど兄弟会だって。
兄さんもああいう人だから「兄弟会なんだから次トリ取れよ」って。いや、さすがにそれは、お客様お帰しするのに前座が最後っていうのはあれだから。

じゃあその代わり、いわゆる大ネタ、長尺のネタをやりなさいって。じゃあ何やろうかなあって考えて、『不動坊』を(春風亭)柳橋師匠から教わって、ネタおろししました。
昇進後に二ツ目同士の会なんかでトリなったときに掛けることができて、よかったですね。

……こんな感じで、先輩方から勧められて覚えて、ネタが増えていったんです。

(続く)

※雷門音助さんの出演情報はこちらからどうぞ

◆第4回 落語作家井上のかたち 寸志・音助 新作ふたりづれ

6月 22日 (土曜日)開場:18時半 開演:19時 


出演:立川寸志「正体見たり(井上新五郎正隆原作)」他一席

  ・雷門音助「長屋のお練り(井上新五郎正隆原作)」他一席

料金:予約2500円 当日2800円

ご予約はらくごカフェまでお願いいたします。

rakugocafe@hotmail.co.jp 電話:03-6268-9818(平日12時~18時)

※定員50名