『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
miniyose_otosuke


(前回(7)はこちら)

■先輩たちの戦っている姿を見る
そうそう、『シェアする落語』にも呼んでいただきました。(桂)宮治兄さんの前座ですよね。


え、そんなに袖から兄さんの高座見てましたか僕(笑)。
僕はけっこう袖で見たいタイプなんです。前座が二ツ目の先輩方の高座を見る機会って少ないですからね。ワキの仕事でも、地域寄席、学校寄席、ホール・独演会、いろいろありますけど、二ツ目の独演会・勉強会で前座付けるケースは少ないですから。

でも宮治兄さんと(桂)伸三兄さんにはめちゃくちゃ仕事もらってましたね。あと小痴楽兄さんの会にもよく呼んでいだきました。
伸三兄さんの会は、本当に勉強会、ネタおろしの会。あえて自分で全部手作りでやっていて。すごく刺激的でしたね。

(神田)松之丞兄さんと伸三兄さんが『連続モノ始めました』という会をやっていたんです。松之丞兄さんは『慶安太平記』、伸三兄さんは『塩原太助一代記』を全6回で掛ける企画で、僕と鯉丸兄さんが交互で前座に入ったんですけど。

ここで、二ツ目の兄さんがネタおろしで戦っている姿を見ました。凄いなあって。他の方のネタおろしに遭遇するってあんまりないじゃないですか。もう戦っているというか、余裕ない感じがびしびし伝わってきて。ああ、二ツ目になるとすごい状態でネタおろしするんだなあって。まあ、それも個人差あるとは思いますが。

そういえば、この『連続モノ始めました』でしくじりをやらかしています。
たしか年末だったんですけど、体調崩しちゃったんですね。嘔吐がひどくて、熱が出て朦朧としてしまって。楽屋でもあんまり動けない状態で。
兄さんたちに「帰ってもいい」と言われたんですけど「いやいやいや大丈夫です」って開口一番で上がったんです。そしたら、まくらで喋った今日のプログラムの案内がめちゃくちゃだったらしいです。自分ではちゃんとやってるつもりなんですよ。

で『雑俳』やるつもりで噺に入ったら、いつの間にか『つる』になってた。

後で松之丞兄さんが「お前、プログラムの案内のところ、言ってることの整合性が合ってなかったよ」と言われて。「あ、そんなこと言ってましたか」って。
落語の内容は何も言われなかったですけどね。

打ち上げは失礼して、すぐに救急病院行ったらウイルス性の急性胃腸炎だって。まあ、そんな状態で出るなって話なんですけど。苦しかったですねえ。一番のピンチでした。

■こっそり始めた勉強会
前座のうちに自分の会を開くのは一応「ダメ」ということになっています。
でも「やれ、やったほうがいい」とも言われる。宮治兄さんからも「やったほうがいい」って言われていたし、なんとも微妙な話です。
自分で勉強会やんなきゃ、でも自分で全部やるのは大変。場所をとるとか、なんにも分からないし。どうしようかなあと思っていたんです。

そしたら、前座4年目、そろそろ二ツ目昇進が見えてきた2015年の7月ごろに、声をかけて頂いて、一人で会をやることになりました。本当にすごいタイミングでした。
たぶん主宰の方と(雷門)小助六兄さんとの付き合い、繋がりがあったから誘っていただけたんだと思います。
だめですよね僕、自分でなんにもしていないな。まあ、ありがたい話ですよね、本当に。

そのころ前座会で文治師匠が「太鼓もちゃんとできないのに、自分の会を開くとか、そういうことばっかりやってる前座がいるけど、基本的なことができなきゃ駄目なんだ」って仰ってて。だから「勉強会」という冠はつけないようにしていただいて『赤坂ミニ寄席』って名前で「地域寄席に前座で呼ばれた体にしよう」と。告知もちょっと絞ったりして。
でも最初からけっこうな数のお客さんに来ていただいて。嬉しかったですね。この会は今でも続いています。


■自分から始めた踊りの稽古
踊りの稽古は、もう最初の頃からですね。
師匠(九代目雷門助六)は「あやつり」で有名だし、兄弟子の小助六兄さんも「片足かっぽれ」を踊ったりするので、雷門はみんな踊りをやるのかと思われるかもしれませんが、別に強制ではないです。やれとは言われない、やりたければと言われて。

前座として楽屋入って、2~3か月後のことだったと思います。
師匠から「お前、踊りやりたいのか」って。
僕は「もちろんやりたいです」。
ということで、北見寿代師匠のところに通い始めました。むかし、僕の大師匠である八代目助六に教わっていた方です。いま、小助六兄さんはじめ、皆でお稽古つけていただいています。

踊りは面白いですね。いろいろ勉強になる。踊りの振りに全部それぞれの意味があるから。
与太郎っぽい振りは与太郎っぽくやらなきゃいけないし、二枚目ならちゃんと武張って偉そうにする感じとか。これは落語にも使えそうだなっていうのはいっぱいありますね。ちゃんと落語に役立たせられれば、いいんですけどね。

(続く)



※雷門音助さんの出演情報はこちらからどうぞ

◆第4回 落語作家井上のかたち 寸志・音助 新作ふたりづれ

6月 22日 (土曜日)開場:18時半 開演:19時 


出演:立川寸志「正体見たり(井上新五郎正隆原作)」他一席

  ・雷門音助「長屋のお練り(井上新五郎正隆原作)」他一席

料金:予約2500円 当日2800円

ご予約はらくごカフェまでお願いいたします。

rakugocafe@hotmail.co.jp 電話:03-6268-9818(平日12時~18時)

※定員50名