『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke09
(撮影:常山剛)

(前回(8)はこちら)

■昇進が決まる
前座の数が多い・少ないとか、その時期にもよるんですけど、落語芸術協会の場合だいたい前座4年で二ツ目に昇進します。
昇進のときには、新宿末廣亭・池袋演芸場・浅草演芸ホール・国立演芸場の各寄席で出番が組まれて、新宿か池袋からスタートして各寄席をぐるっと回るんです。自分がいつ二ツ目に昇進するのか、だいたいは分かるんです。けれど正式なことは理事会で決まらないとわからないから、勝手に言うことは出来ない。

前座の終わり頃になると、落語会の打ち上げでお客さんに、「二ツ目決まったの?いつごろなの?」って聞かれるんですよ。この会話が嫌で。
だいたい分かるけど、言えない。もどかしい。もったいぶっているみたいで。

2014年の9月、正式に二ツ目昇進が決まりました。翌2015年2月の中席です。
気持ちは半々でしたね。嬉しさと「もっと噺覚えとけばよかった」という後悔です。これは今でも日々思います。

昇進決まっても、はしゃいだ気持ちにはなれなかったです。
というのは、初席の総立て(立前座の筆頭)を控えていたので。
前座は4年の間に「初席」「真打昇進披露」「夏の特別興行」というイベントを4回経験することになるんです。
最後に「初席の立前座」は絶対最後経験しておきたいなって思ってましたけど、一方で初席でなんかあったらどうしようという気持ちで気が抜けない。二之席に入ってやっと少し落ち着いたというか。
真打昇進の時期はだいたい決まっていますけれど、二ツ目昇進には特に決まりがないんですね。発表から昇進までの時間が人によって違うんです。
僕の場合は半年前に決まりましたけど、昇進の一年前に決まっちゃう人もいます。準備があるから早い方がいいのもあるけど、早すぎるとなんかダレてしまうとか、これもいろいろです。
そろそろ昇進だから着物作らないと、でも、正式に決まってないのに、作っていいのかな、とか。

二ツ目昇進のときに名前を変える人もいますけど、僕の場合は全く話が出ませんでした。師匠も、兄弟子の小助六も、前座名の「花助」のまま二ツ目に昇進していますし。
芸協の事務局の方が師匠に聞いたんだそうです。
「音助さん名前どうするんですか」
師匠は「ああ、このままでいいんじゃないか」と。
その場に僕はいなかったんですが、後からこの話を聞いて、あ、やっぱりこのまま行くと思ってましたね。

■二ツ目初日の高座
2015年2月中席・新宿末廣亭昼の部が二ツ目としての初高座です。

四家さん、初日に来ていただきましたね。
桂伸しん『小噺』
笑福亭羽光『読書感想文』
やなぎ南玉 独楽曲芸
雷門音助『狸札』
三笑亭可龍『狂言マック(作・桂枝太郎)』
宮田陽・昇 漫才
桂歌蔵『熊の皮』
三遊亭遊之介『浮世床(将棋・本)』
新山真理 漫談(血液型)
三遊亭笑遊『蝦蟇の油』
三遊亭円遊『のんちゃん』
林家今丸 紙切り
春風亭小柳枝『粗忽長屋』
 
仲入り

神田きらり『宮本武蔵伝 狼退治』
新山ひでや・やすこ 漫才
柳家蝠丸『お七の十』
桂米丸『ドローン出前』
鏡味健二郎 太神楽
三笑亭可楽『景清』

これ、濃い芝居ですよねえ。覚えてます覚えてます。マニア的な視点でポイント上げていったら面白いですよ。
まずトリが(三笑亭)可楽師匠『景清』。凄いですよね。(桂)米丸師匠がヒザ前っていうのが珍しい。だいたい仲入り前ですよね。ヒザ前の米丸師匠って、もうなんか起きそうな気がしますね。そしたら米丸師匠の新作がドローンですから。
 (春風亭)小柳枝師匠は『粗忽長屋』。受けるんですよね。(三遊亭)圓遊師匠と(三笑亭)笑遊師匠がくっついてるのがまた面白い。漫才が二本入っているのも珍しい。
僕の前に出た(笑福亭)羽光兄さんも、後の(三笑亭)可龍師匠も、お二人とも「音助が昇進しました」と僕の昇進を盛り上げてくださって、ありがたかったですよ。
(写真見て)あ、痩せてる。まだ痩せてますね(笑)こういう写真、自分で撮ってないから記念になります。看板の「可楽」が写っていますね。いいですね。


■仕事がなくても焦らない
二ツ目になったんだから、本当は仕事探さなきゃ駄目ですよね。
いきつけの料理屋さんとかで、ここでやらせてくれませんか、とか。今の所そういうことはやってないです。

成金の兄さんたちを中心に、いろいろな二ツ目の兄さんたちが作った状況、多くのが二ツ目に目を向けていただいている、そういう状況のおこぼれで、お仕事を頂いています。

もちろん、いつも仕事があるわけじゃないです。声がかからない期間もある。
でも、あんまり焦りはないんです。
信用金庫を辞める時に読んでいた本が内館牧子さんの『夢を叶える夢を見た』というノンフィクションで。
ボクサーとか、入門の遅かった相撲の智ノ花とかいろいろな方に、自分の夢との関わり方を取材しています。プロになるという夢を叶えた、思いとどまった、それで成功した、失敗した、後悔した……いろんな生き様が書かれていて、深く感銘を受けたんですね。

仕事やめて噺家になって、うまくいかなくて最後は野垂れ死んだとしても、なんともない。まあ骨は誰かが拾ってくれるから……なんて、そんな気持ちで噺家になったので、仕事なかったら野垂れ死にでも構わないやって思ってしまうんですね。
……だから駄目なのかな。そこでもっとガツガツしないといけないのかも。

二ツ目になって嬉しかったのは時間ができたことなんですけど、時間ができても、寄席の番組を見ては「この師匠が何時に出るから稽古お願いしに行けるかな」とか、そういうこと先に考えちゃう。

香盤一つ上の桂竹千代兄さんが羨ましいです。「竹千代」になるとき徳川家に手紙書いたって。「竹千代を名乗らせていただきます」誰だよって(笑)。当然返事は来なかったそうですけど、でもそれでなにか引っかかったら仕事になるかもしれませんし。そのバイタリティが羨ましい。真似できない。というか、まあ、したくないんですけど。

※雷門音助さんの出演情報はこちらからどうぞ

◆第4回 落語作家井上のかたち 寸志・音助 新作ふたりづれ

6月 22日 (土曜日)開場:18時半 開演:19時 


出演:立川寸志「正体見たり(井上新五郎正隆原作)」他一席

  ・雷門音助「長屋のお練り(井上新五郎正隆原作)」他一席

料金:予約2500円 当日2800円

ご予約はらくごカフェまでお願いいたします。

rakugocafe@hotmail.co.jp 電話:03-6268-9818(平日12時~18時)

※定員50名