シェアする落語

ソーシャルメディアと連動する、ちょっと変わった、ちいさな不思議な落語会『シェアする落語』のご案内です。 (タイトル写真撮影 高島秀吉)

『シェアする落語』次回は12月です。

2019年05月

雷門音助インタビュー(5)楽屋入りと初高座

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke01


(前回(4)はこちら)

■楽屋入り 
楽屋に入ったのは一月の下席です。この時点ではまだ正式な前座ではなくて、一か月は働きながら楽屋仕事を覚えます。当時、楽屋を仕切る立前座には春雨や風子姉さん、桂宮治兄さん。このお二人は二ヶ月くらいで二ツ目に昇進されました。
その下が神田松之丞兄さん、春風亭柳若(当時:瀧川鯉ちゃ)兄さんですね。

でも立前座とかかわることは少なくて、僕にいろいろ教えてくれたのは、僕より五か月早く楽屋入りした春風亭昇吾兄さんです。兄さんのほぼ同期が桂竹千代(当時:竹のこ)兄さん。

楽屋入りして最初の30日のうち28日くらい昇吾兄さんの下にいました。最初の仕事はお茶くみと高座返しです。とにかく昇吾兄さんにくっついていました。離れたら怒られるんです。

師匠方や立前座の兄さんからは、あまり直接怒られないんです。僕を教えている昇吾兄さんが怒られて、昇吾兄さんが僕を叱るという流れです。兄さんのキャラを知っている人からは「え、昇吾に教わったの?」なんて言われますけど、意外とちゃんとしているんです。ただ、いろいろ面白いところはありまして。
続きを読む

雷門音助インタビュー(4)見習いの初仕事は大掃除~音助誕生

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke02


(前回(3)はこちら)

2011年10月に九代目 雷門助六に入門しました。

●見習いの初仕事は大掃除
いま芸協には「三か月ルール」があって、事務局に履歴書を納めてから楽屋入りまでは三か月かかるんです。
というのは、昔は「楽屋で覚えろ」と全く何もできない人を楽屋入りさせることがあって、そんなことしたら、てんやわんやになっちゃうから、まず最低三か月間かけて、着物の畳み方や太鼓なんかをある程度できるようになってから楽屋入り、という意味ですね。

僕の入門当時にはそのルールはなかったのですが、師匠は「ある程度、太鼓や噺などを覚えてから楽屋入りしたほうがいい」という方針でした。あと、すぐに弟子入りするといきなり正月になって、いきなりお年玉をもらうことになる、それはよくない。ということで楽屋入りは翌2012年の1月下席で、それまでは「見習い」です。

当日は蒲田にいた姉の家に、申し訳程度の家賃を入れて置いてもらい、毎日のように練馬の師匠宅に通いました。

最初の仕事は大掃除です。
僕が入門したことで、なんか師匠のスイッチが入ったみたいで、家の中ひっくり返すくらいの大掃除。本棚をつぶして新しいのを買ってきたり。

よくある見習い修行のための掃除じゃなくて、師匠もがんがん働く「本気の大掃除」でした。
続きを読む
記事検索
お問い合わせ
タグクラウド
QRコード
QRコード
お世話になってます
シバイエンジン