シェアする落語

ソーシャルメディアと連動する、ちょっと変わった、ちいさな不思議な落語会『シェアする落語』のご案内です。 (タイトル写真撮影 高島秀吉)

インタビュー

雷門音助インタビュー(目次)

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進

※雷門音助さんの出演情報はこちらからどうぞ

◆第4回 落語作家井上のかたち 寸志・音助 新作ふたりづれ

6月 22日 (土曜日)開場:18時半 開演:19時 


出演:立川寸志「正体見たり(井上新五郎正隆原作)」他一席

  ・雷門音助「長屋のお練り(井上新五郎正隆原作)」他一席

料金:予約2500円 当日2800円

ご予約はらくごカフェまでお願いいたします。

rakugocafe@hotmail.co.jp 電話:03-6268-9818(平日12時~18時)

※定員50名

続きを読む

雷門音助インタビュー(10)「なんかわからないけど聴きたくなる噺家」に

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke10
(撮影:常山剛)

(前回(9)はこちら)

■二ツ目同士の切磋琢磨
いまは、二ツ目だけの会って多いじゃないですか。
毎回違う二ツ目が出る落語会があって、そのなかのひとりとして出演させてもらえて、そこからまた別の会に呼んでもらえたりします。二ツ目のなかでトップでなくても、お声を掛けていただける。ありがたい時代なんでしょうね。
でも「自分がいいから呼ばれているのか、そうでもないのか。全く分からない」とも思います。

続きを読む

雷門音助インタビュー(9)二ツ目昇進

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke09
(撮影:常山剛)

(前回(8)はこちら)

■昇進が決まる
前座の数が多い・少ないとか、その時期にもよるんですけど、落語芸術協会の場合だいたい前座4年で二ツ目に昇進します。
昇進のときには、新宿末廣亭・池袋演芸場・浅草演芸ホール・国立演芸場の各寄席で出番が組まれて、新宿か池袋からスタートして各寄席をぐるっと回るんです。自分がいつ二ツ目に昇進するのか、だいたいは分かるんです。けれど正式なことは理事会で決まらないとわからないから、勝手に言うことは出来ない。

前座の終わり頃になると、落語会の打ち上げでお客さんに、「二ツ目決まったの?いつごろなの?」って聞かれるんですよ。この会話が嫌で。
だいたい分かるけど、言えない。もどかしい。もったいぶっているみたいで。

2014年の9月、正式に二ツ目昇進が決まりました。翌2015年2月の中席です。
気持ちは半々でしたね。嬉しさと「もっと噺覚えとけばよかった」という後悔です。これは今でも日々思います。

昇進決まっても、はしゃいだ気持ちにはなれなかったです。
というのは、初席の総立て(立前座の筆頭)を控えていたので。
前座は4年の間に「初席」「真打昇進披露」「夏の特別興行」というイベントを4回経験することになるんです。
最後に「初席の立前座」は絶対最後経験しておきたいなって思ってましたけど、一方で初席でなんかあったらどうしようという気持ちで気が抜けない。二之席に入ってやっと少し落ち着いたというか。
続きを読む

雷門音助インタビュー(8)戦う二ツ目兄さんたちと、勉強会開始

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
miniyose_otosuke


(前回(7)はこちら)

■先輩たちの戦っている姿を見る
そうそう、『シェアする落語』にも呼んでいただきました。(桂)宮治兄さんの前座ですよね。


え、そんなに袖から兄さんの高座見てましたか僕(笑)。
僕はけっこう袖で見たいタイプなんです。前座が二ツ目の先輩方の高座を見る機会って少ないですからね。ワキの仕事でも、地域寄席、学校寄席、ホール・独演会、いろいろありますけど、二ツ目の独演会・勉強会で前座付けるケースは少ないですから。

でも宮治兄さんと(桂)伸三兄さんにはめちゃくちゃ仕事もらってましたね。あと小痴楽兄さんの会にもよく呼んでいだきました。
続きを読む

雷門音助インタビュー(6) 寄席とワキと~前座修業の日々

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke06
(前回(5)はこちら)

■立前座の仕事

これはあとになって分かる話なんですけど、他の団体に比べると、落語芸術協会の楽屋は雰囲気がわりと緩いのかもしれません。

本当は、前座は先輩方、ましてや真打の師匠方はと喋っちゃいけないんです。聞かれたら答えるというのが決まりです。

でも先輩の春風亭昇吾兄さんは、師匠方とよく喋るんですよ。立前座(たてぜんざ)の時なんかすごかった。楽屋に入ってくる師匠がみんな昇吾兄さんいじって、昇吾兄さんがまた返すんですね。
でも、これを真似すると失敗するんです。昇吾兄さんのキャラクターだから許されることがあるんですね。
 
まあ僕も、自分が立前座になったら喋ってましたけどね。喋らないと楽屋仕切れないし、なにより喋りたいですよね。師匠方と。
続きを読む

雷門音助インタビュー(5)楽屋入りと初高座

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke01


(前回(4)はこちら)

■楽屋入り 
楽屋に入ったのは一月の下席です。この時点ではまだ正式な前座ではなくて、一か月は働きながら楽屋仕事を覚えます。当時、楽屋を仕切る立前座には春雨や風子姉さん、桂宮治兄さん。このお二人は二ヶ月くらいで二ツ目に昇進されました。
その下が神田松之丞兄さん、春風亭柳若(当時:瀧川鯉ちゃ)兄さんですね。

でも立前座とかかわることは少なくて、僕にいろいろ教えてくれたのは、僕より五か月早く楽屋入りした春風亭昇吾兄さんです。兄さんのほぼ同期が桂竹千代(当時:竹のこ)兄さん。

楽屋入りして最初の30日のうち28日くらい昇吾兄さんの下にいました。最初の仕事はお茶くみと高座返しです。とにかく昇吾兄さんにくっついていました。離れたら怒られるんです。

師匠方や立前座の兄さんからは、あまり直接怒られないんです。僕を教えている昇吾兄さんが怒られて、昇吾兄さんが僕を叱るという流れです。兄さんのキャラを知っている人からは「え、昇吾に教わったの?」なんて言われますけど、意外とちゃんとしているんです。ただ、いろいろ面白いところはありまして。
続きを読む

雷門音助インタビュー(4)見習いの初仕事は大掃除~音助誕生

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
(公開が遅れたことをお詫びいたします、また、公開が遅れたにもかかわらず掲載を快諾していただいた音助さんにお礼申し上げます)


文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke02


(前回(3)はこちら)

2011年10月に九代目 雷門助六に入門しました。

●見習いの初仕事は大掃除
いま芸協には「三か月ルール」があって、事務局に履歴書を納めてから楽屋入りまでは三か月かかるんです。
というのは、昔は「楽屋で覚えろ」と全く何もできない人を楽屋入りさせることがあって、そんなことしたら、てんやわんやになっちゃうから、まず最低三か月間かけて、着物の畳み方や太鼓なんかをある程度できるようになってから楽屋入り、という意味ですね。

僕の入門当時にはそのルールはなかったのですが、師匠は「ある程度、太鼓や噺などを覚えてから楽屋入りしたほうがいい」という方針でした。あと、すぐに弟子入りするといきなり正月になって、いきなりお年玉をもらうことになる、それはよくない。ということで楽屋入りは翌2012年の1月下席で、それまでは「見習い」です。

当日は蒲田にいた姉の家に、申し訳程度の家賃を入れて置いてもらい、毎日のように練馬の師匠宅に通いました。

最初の仕事は大掃除です。
僕が入門したことで、なんか師匠のスイッチが入ったみたいで、家の中ひっくり返すくらいの大掃除。本棚をつぶして新しいのを買ってきたり。

よくある見習い修行のための掃除じゃなくて、師匠もがんがん働く「本気の大掃除」でした。
続きを読む

雷門音助インタビュー(3) 退職と入門

『シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
IMG_20171223_142428_444
(『シェアする落語 第19回 雷門音助』 の記念品 制作:常山剛)


(前回(2)はこちら)

●雷門助六しかいない
信金を辞めて落語家になろうと思い立ったとき、師匠は九代目雷門助六しかいないと決めていました。
初めて聴いたのは浅草演芸ホールです。「寄席の人だなあ」と思いました。
落語はもちろん面白かったけど、それだけじゃなくて、例えば『長短』の型とか、よそでなかなか聴けない珍しい噺とか「雷門ならでは」の落語があるんですよね。なんかそれが好きで。
学生時代から大師匠の八代目雷門助六の音源をよく聴いていたので、雷門の芸風が好きだったんでしょうね。

それとやっぱり、踊りとか、寄席ならではの余芸にも惹かれましたねえ。

ちょっと不思議な話があって。

『人形ばなし』という芸があるんですね。
一人が高座に座って、二人がその背中に回って羽織かぶって姿を消して、後ろから右手と左手を出して、あたかも一人でやってるように演じるという、まあ二人羽織の三人版です。

学生の頃にNHK BSの「懐かしの映像」みたいな番組で、八代目雷門助六の『人形ばなし』を見ていたんです。
そのときは真ん中が大師匠(先代・八代目助六)、後ろに回って右手を演じていたのがうちの師匠(当代・九代目助六)当時は雷門五郎ですね、左手が、現在の春雨や雷蔵師匠。三人一体になって、湯飲みでお茶を飲んだり、扇子使って小噺を演じたりして。
最後は立ち上がって踊りを踊るんですけど、そのとき、右手がすごく綺麗で。
続きを読む

雷門音助インタビュー(1)学生時代~サッカー・応援団・落語研究会

シェアする落語 第19回 雷門音助』を開催するにあたり、音助さんにインタビューさせていただきました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

インタビューは2017年9月30日と11月12日に行いました。
文責は全て四家正紀(シェアする落語主宰)にあります。

雷門音助
昭和62年11月30日生まれ
2011年 10月 雷門助六に入門
2016年 2月より二ツ目昇進
otosuke01
(写真 四家正紀)


●ほんとはサッカー嫌いのサッカー部員、応援団と掛け持ちに

出身は静岡県の藤枝市です。姉が一人います。

静岡ですから、ご多分に漏れずサッカーが盛んな地域で、僕も幼稚園児のころから高校までやってました。たまたま父親がスポーツ少年団のサッカー指導者で、その後、監督から団体の代表までなった人で。

でも僕、本当はサッカー好きじゃなかったんです。イヤイヤやってました。
運動が嫌いで。本当に走るのが嫌いで、とにかく肺と心臓を使うのが大嫌いで(笑) 。シュートとか、サイドチェンジのパス交換とか、フリーキック・コーナーキックの練習とかは大好きなんですけど、走り込みがもう嫌いで嫌いで。練習してもなかなかうまくならないし。

それでも、高校でサッカー部に入ったんですけど、1 年生のときに掛け持ちで応援団にも入ったんです。野球の応援とかやるんですね。1 年生のクラスからは必ず2 人出すことになっていたんですが、サッカー部の監督が「サッカー部から応援団に出ろ。毎年出ているから」って。

これが古色蒼然・ゴリゴリの応援団。
続きを読む
記事検索
お問い合わせ
タグクラウド
QRコード
QRコード
お世話になってます
シバイエンジン