シェアする落語

ソーシャルメディアと連動する、ちょっと変わった、ちいさな不思議な落語会『シェアする落語』のご案内です。 (タイトル写真撮影 高島秀吉)

三遊亭わん丈

三遊亭わん丈インタビュー(6)二ツ目昇進、そして王道を目指す

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。
(前回)

IMG_6378


「耳が良すぎる」苦労
おかげさまで、自分から売り込まなくても前座の後半から少しずつお仕事を頂けるようになって、そのままのペースで二ツ目に昇進しました。変わったのは羽織を着るようになったくらい。いまは充実した日々を送っています。
続きを読む

三遊亭わん丈インタビュー(5) 新作落語に取り組む意味

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。
(前回)

wan5
NHKなにジェネ? キックオフイベントの司会 撮影:四家正紀

●見習いのころから作り始めた新作
新作落語を作り始めたのは、まだ名前も貰っていない頃です。(三遊亭)ふう丈兄さんと二人で見習いとして師匠の家に通っていたときてすね。
最初に作ったのは『情報ラッシュアワー』という噺で、これはもう典型的なダメ新作で落語になっていない、コントみたいな噺でした。時間が落語的に進まない、ずーっと並列でゴールに向かっていない、テレビ的でその上理屈っぽい。
実はそのころ古典落語を『八九升』ひとつしか習ってなかったんです。落語のなにもかもが分かっていなかった。
続きを読む

三遊亭わん丈インタビュー(4) 師匠の教え通りに~前座修行

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。
 (前回)
IMG_6458

●「一番下」のまま2年
寄席の楽屋では頑張って働きました。大変は大変ですけど、仕事ですから辛いのは当たり前ですからね。
でも、いくら頑張っても、ホール落語や独演会など、寄席以外の「ワキ」の仕事はなかなか頂けませんでした。どういうわけか、他の一門に比べると、回ってくる仕事が少ないなぁと思っていました。
「太鼓は叩けてるはずだし、着物もちゃんときれいに扱えてるし、楽屋でちゃんと気配りもしてるつもりなのに、なんで自分にはワキの仕事来ないんだろう。あの前座は呼ばれているのに」って思っていました。続きを読む

三遊亭わん丈インタビュー(3) 初高座と楽屋入り

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。
(前回)

IMG_6900


●見習いのまま初高座、そして楽屋入りまでの長い道のり
「通いで見習い」としての師匠宅での修業は、そんなにきついとは感じませんでした。

うちの師匠は、本当は何でも自分でやれちゃうし、兄弟子曰く「あまり物理的にはかまってほしくない」人なんです。また、おかみさんもいわゆる「噺家のおかみさん」というタイプではないんです。弟子がなんかしようとすると「ああ、やらなくていいよ、いいよ」みたいな。
続きを読む

三遊亭わん丈インタビュー(2) 三遊亭円丈に入門

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。
(前回)

IMG_6872



●喬太郎師の追っかけから円丈師との衝撃的な出会い
「落語家になる!」と決心してから、9か月間師匠探しをしました。

自分の中で決めてたんです「絶対に一番笑わせてくれた人のところに行こう」と。
続きを読む

三遊亭わん丈インタビュー(1)バンドマンから落語家を目指すようになった理由

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』を開催するにあたり、事前にわん丈さんにインタビューを実施しました。一部はご予約特典としてメール配信させていただいています。

せっかくですので、こちらでインタビューの全文を公開いたします。
取材は四家正紀が担当し、文責も四家にあります。

IMG_6865


●ミュージシャン時代の悪戦苦闘
生まれは滋賀県の大津です。
中学生くらいから、漠然と「人前に出る仕事」をしたいという願望があったんです。
地元の高校に進学して、大学受験の時にいろいろ考えました。
続きを読む

『シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』2017/09/09 のシェアまとめ

『シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈』無事終了しました。
当日は53名のお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

で、もちろん今回も、恒例のあれです。
お客様にネットでシェアしていただいたご感想をまとめた、まとめページを作りました。
これが『シェアする落語』最大の特徴です。

今回は、結構珍しい写真が入っていますよ!

シェアする落語を疑似体験してみてください!
続きを読む

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈 2017/09/09



日時 2017年9月9日 土曜日
会場 深川東京モダン館 多目的スペース
 
四家正紀 前説
三遊亭わん丈『國隠し』 
三遊亭わん丈『新・蝦蟇の油』 

お仲入り

三遊亭わん丈・四家正紀『シェアタイム』(写真撮影コーナー)
三遊亭わん丈『湯屋番』


【ご予約受付開始!!】シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈 2017/09/09


噂の男、深川に参上!!

IMG_1885


main600x0_p17b3n064fjtqkss3tq1njv1rpij

シェアする落語 第18回 三遊亭わん丈

  • 日時: 2017年9月9日(土) 14:00開演(開場:13:30)
  • 会場: 深川東京モダン館 2F (地図)(GoogleMap)
    • 東京都江東区門前仲町1-19-15(東京メトロ・都営地下鉄「門前仲町」駅下車3分)
  • 出演: 三遊亭わん丈・司会:四家正紀
  • 木戸銭(入場料):予約1,500円、当日1,800円(予約完売の際は当日券なし) 
    終演後の懇親会付き 4,000円
  • 予約受付 こちらの画面からどうぞ!
  • フォームからのご入力が難しい時はこちらをクリック(メール作成画面になります)
  • ※限定60席 全席椅子 (2階ですがエレベータはございません)
  • (予約売切れの際、当日券はありません、ぜひご予約ください)
  • ご入力後最後の画面で「受付番号」が表示されれば、ご予約は完了しています。
  • お申し込み後、確認のメールを配信いたします。不着の場合はshare.rakugo@gmail.comまでご連絡ください。
  • 携帯電話のメールアドレスをお使いの方は share.rakugo@gmail.com からのメールを受信できるように設定をお願いします。ご不明な場合は、できる限りPCで使えるメールアドレスをご利用ください。
  • Gmailをご利用の方は、ご予約確認のメールが「迷惑メール」のフォルダに入ることがございます。不着の際はご確認をお願い致します。

落語の面白さを、あなたとシェアしたい。
あなたにも、落語の面白さをシェアしてほしい。

2012年11月10日にスタートした、ちょっと変わった落語会『シェアする落語』。
数えて18回目となる今回は、
三遊亭わん丈さんに
ご出演いただきます。

東都の落語好き連中は、いま、この男の噂でもちきりです!!

かつて「スーパー前座」と呼ばれた男。その称号は伊達じゃない。
前座のころから自作の新作落語をガンガンかけて「今日の落語会、前座が一番良かった」とまで言われた男。
さりげない工夫が楽しい古典も、芸歴浅い二ツ目とは思えない鮮やかな口跡と人物描写が素晴らしい。

初登場のさがみはら若手落語家選手権では、並み居る強敵をなぎ倒していきなり決勝進出
今年からNHKラジオのレギュラーも務め、様々な落語会に呼ばれる売れっ子に。


三遊亭わん丈。
この男、
天下取る匂いがプンプンしてます。いまぜひシェアしたい落語家さんなのです。


●写真撮影コーナー『シェアタイム』 終演後の懇親会では対談もやります!!
落語会では毎回好評の写真撮影コーナー「シェアタイム」を実施。
お客様の落語体験をブログ・ツイッター・フェイスブックなど、ソーシャルメディアで気楽にシェアしていただけます。
ぜひ、カメラ・スマートフォンなどご持参の上、ご来場ください。

面白い落語はどんどんシェアして応援しましょう。

また、終演後には同じ会場で懇親会を開催。お飲み物と軽食をご用意します。
わん丈さんと主宰・四家の対談も実施します。

会場は、いつもの深川東京モダン館
昭和7年(1932)に東京市営の食堂として建築された建物は、レトロモダンでとってもお洒落。
門前仲町駅からも至近、
「全席椅子」でございます。



今までご来場のお客様によりシェアされた写真・ツイート・ブログ記事を、こちらからぜひご確認ください。

また、今回も何か、お土産をご用意する予定です。お楽しみに!

限定60席(予定)。ご来場の際はぜひご予約をお願いいたします。予約で売切れますと当日券はありません。前回・前々回売り切れました。
  • 終演後、同じ会場で懇親会(打上げ)を開催します。ご予約時にお申し込みください。
  • お申し込み後、確認のメールを配信いたします。不着の場合はshare.rakugo@gmail.comまでご連絡ください。
  • ご入力後最後の画面で「受付番号」が表示されれば、ご予約は完了しています。
  • 同時に、ご予約ご確認のメールを share.rakugo@gmail.com よりお送りいたします。携帯電話のメールアドレスをお使いの方は、このメールを受信できるように設定をお願いします。ご不明な場合は、できる限りPCで使えるメールアドレスをご利用ください。
  • Gmailをご利用の方は、ご予約確認のメールが「迷惑メール」のフォルダに入ることがございます。不着の際はご確認をお願い致します。
  • ご予約頂いた方にだけに『シェアする落語 制作便り』をメールでお送りいたします。
    このメールでしか読めないわん丈さんの情報をお送りいたしますよ!!

    ぜひご予約下さい。よろしくお願い致します。





     ご来場、お待ちしております!

    ●四家による三遊亭わん丈さんの記事は、こちらでご覧いただけます。

    三遊亭わん丈:裏[4k]

     IMG_1706

    入場無料!鈴々舎馬るこのありがとう落語会」北沢タウンホール&成城ホール 2013/12/17 , 12/25

    こいつは豪気だ!

     祝・NHK新人演芸大賞受賞記念 「鈴々舎馬るこのありがとう落語会」 入場無料で、北沢タウンホール&成城ホールで開催。

    続きを読む
    記事検索
    お問い合わせ
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    お世話になってます
    シバイエンジン